2010年02月08日

遊園地で「ひら婚♪」いかが 枚方市・関大・京阪電鉄が手作り結婚式(産経新聞)

 大阪府枚方市と関西大、京阪電気鉄道は今年5月、遊園地「ひらかたパーク」(同市枚方公園町)で手作り結婚式をプロデュースする。新たな枚方ブランドを発信するための試みで、名付けて「ひら婚♪」。市内の洋裁学校がウエディングドレスを製作し、式では市民合唱団が歌で祝福する。市などでつくる実行委は、結婚の予定がある市内在住か在住予定のカップル1組を募集している。

 市が進める「花と音楽を生かしたまちづくり」の一環で、まちづくりを研究する関西大政策創造学部の深井麗雄教授のゼミ生が提言して実現した。

 会場は、600種4千株のバラに囲まれたパーク内の施設「ローズガーデン」。約40分間の人前式で、市内で活動している市民音楽団体が合唱で盛り上げる。式はバラが満開となる5月下旬に行う。

 ウエディングドレスは、同市星丘の「星ヶ丘洋裁学校」が協力し、好みのデザインのドレスに仕上げる。式次第や演出などは、関大の学生のサポートのもと、カップルの希望通りに進めることができる。

 実行委は「『ひら婚♪』で一生の思い出を作っていただき、枚方市や京阪沿線への愛着を深めてもらえれば」とPRしている。

 対象はカップルのどちらかが枚方市内在住か在住予定の1組。挙式者は実費負担。同パークで7日午後2時から現地説明会を開催(要予約)する。

 申し込みは14日までに、実行委のホームページ(http://www.hira-kon.com)か、市文化観光課で配布中の申込書を〒564-8680吹田市山手町3の3の35、関西大学政策創造学部深井ゼミ枚方ウエディング実行委員会へ郵送。応募多数の場合は抽選。

 問い合わせは実行委事務局((電)080・5359・6336、平日正午~午後2時)。

【関連記事】
不況でも結婚式は“聖域” 平均費用が13万円も増
「女の園」に男性が台頭 ネイリスト、結婚プランナー
結婚式場情報サイトを機能拡充 「生活支援」事業の柱に
2010福袋、さあ何を買う? 婚活グッズ編
海外こぼれ話 新郎びっくり、空港で結婚式

<福島第2原発>原子炉内に針金(毎日新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)
<AED>日本光電工業が自主回収 米国製405台(毎日新聞)
障害者の定義を「社会モデル」へ―制度改革推進会議(医療介護CBニュース)
「給食費未納者は子ども手当減額」鳩山首相が検討表明(産経新聞)
posted by アキモト テツ at 07:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。