2010年06月03日

大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」(産経新聞)

 民主党の両院議員総会で行われた鳩山由紀夫首相の退陣表明演説は約20分間に及んだ。辞任に及んだ理由が「普天間の混乱」と「政治とカネ」の2つにあると説明した際には大きな目を潤ませた。

 演説終了後、首相は小沢一郎幹事長と握手を交わし、左手で小沢氏の肩を軽くたたいた。演説では「よりクリーンな民主党を作る」ため、過去2度の小沢氏との会談で「決して受動的で話ではなく、互いに責めを果たさなければならない」と小沢氏にも辞任を求め、了承を得ていたことを明かした。

 民主党をめぐっては1日に公職選挙法違反罪の控訴審で、陣営に有罪判決の出た小林千代美衆院議員も含めた3氏側が政治資金規正法違反に問われており、小林議員にも「その責めを負っていただきたい」とした。

 鳩山首相は自らをめぐる虚偽献金事件については、演説で「思ってもいなかった」と語り、「なんでクリーンであるはずの民主党が、しかも代表がこんな事件に巻き込まれるのかと、つらい思いをされたと思う」と集まった議員らに謝罪した。

 クリーンな政治を訴え、「みなさんいかがでしょうか」と会場に訴えると、議員からは拍手がわき起こった。

 総会に出席した藤末健三参院議員は「首相も幹事長も政治とカネについていまだ説明していない。このまま辞めても国民は納得しないのでは」と述べた。

【関連記事】
韓国メディアも一斉に報道 「首相の後任は菅副総理が有力」
辞任表明を受け、近日中に民主党代表選を開催
民主党両院議員総会での首相の演説要旨
退陣表明後、小沢幹事長とがっちり握手
首相辞任は、経済界にとって非常にマイナスになる 経団連首脳
「はやぶさ」帰還へ

<ビル不正登記>元後藤組組長に逆転有罪 東京高裁(毎日新聞)
24歳男が父親を刺殺=新潟(時事通信)
高速料金 「上限千円」廃止の反動懸念(産経新聞)
<静岡県浜松労政会館>規定より早めに閉館…委託先が勝手に(毎日新聞)
鋼材切断機の類似品製造=意匠法違反で3人逮捕―大阪府警(時事通信)
posted by アキモト テツ at 18:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

<加藤一二三氏>控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)

 餌付けで集まった野良猫のふん尿で被害を受けたとして、東京都三鷹市の住民らが、将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付け中止などを求めた訴訟で、加藤氏は26日、控訴しない方針を明らかにした。

 毎日新聞の取材に加藤氏は「判決文を熟読すると、猫の命を大切にするという私の取ってきた行動を認めてくれている。私の主張は変わらないが、判決なのでルールとして受け入れる」と述べた。

 判決は餌付けによってふん尿などの被害が住民の受忍限度を超えたと認定、集合住宅敷地内での餌付け差し止めと計204万円の賠償支払いを命じた。加藤氏は判決直後に「理解に苦しむ判決」と控訴する意向を示していた。【池田知広】

【関連ニュース】
野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
東京・三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、餌付け「禁止」 慰謝料204万円
三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、敗訴でも「餌付け続ける」 /東京
三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、住民と対立 地裁立川支部きょう判決 /東京
将棋:第68期名人戦 福岡対局、火ぶた--第4局

<野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2~3カ月大丈夫」(毎日新聞)
<但馬牛>種牛3頭を移動へ 兵庫(毎日新聞)
ドン・キ放火 従業員遺族の請求棄却…消防職員に過失なし(毎日新聞)
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)
<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)
posted by アキモト テツ at 21:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)

 仕分け会場の傍聴者からは拍手がわくほどの支持を受けた「宝くじの販売停止」の判定。だが、実際に宝くじを買っている人たちからは、無駄な支出を押さえることには理解を示しつつも、「夢が無くなる」「こんな不景気だからこそ残して」といった声が聞かれた。

 宝くじの売り上げが日本トップクラスという東京・銀座の「西銀座チャンスセンター」。ドリームジャンボの発売中とあって21日も長い列ができていた。

 東京都江戸川区の会社員、原田修さん(55)は「無駄な支出は改められるべきだが、買わないと当たらないと思い続けて30年。当たらないのはわかってるが、なくなると夢が1つなくなってしまう」。

 ジャンボ宝くじを毎回30枚ぐらい買うという東京都板橋区の会社員、山田勇一さん(41)は「こんな不景気だから盛り上がっていかないと暗い話しか出なくなってしまう」と話す。

 「宝くじを買うためにお金をためていたこともあるぐらいなのに。信じられない」と話すのは、都内の私立大4年の女性(22)。「宝くじを削るぐらいならほかのことを削ってくださいと言いたい」とも。

 東京都府中市の会社員、長谷川里江さん(49)は「当たらなくても収益は寄付され役に立つと思っているので買っている。なくなってしまうと悲しい。全部切り捨ててしまうのはおかしい」と事業仕分けの方針を批判した。

【関連記事】
「問題解決するまで宝くじ販売やめよ」 事業仕分け第2弾
「適切ですか」「根拠は」天下り法人をバッサリ 事業仕分け
不透明配分、独占販売…仕分け、宝くじ協会などメス 
事業仕分け 電気メーター検定を見直し 実務丸投げ「資格・検査」法人
事業仕分け 審査せず交付で収入11億円…「資格・検査」法人
中国が優等生路線に?

【from Editor】鳩山予算が3回続くと…(産経新聞)
口蹄疫移動制限、えびの市で解除に向け感染検査(読売新聞)
<江津市長選>無投票で田中増次氏が4選 島根(毎日新聞)
「政府が悪くても幸せになれる」 少子化対策(産経新聞)
自民幹事長が福島氏の辞任を要求 「内閣の統一が取れていない」(産経新聞)
posted by アキモト テツ at 18:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。